AHDの転職と就労支援 > ADHDの人を最も悩ませる特性は「チェックの

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

ADHDの人を最も悩ませる特性は「チェックの

ADHDの人を最も悩ませる特性は「チェックの甘さ」「確認ミスの多さ」であるため、ミスや不注意がリカバリーできる仕事の内容を選ぶ必要があります。

発達障害を抱える人はコミュニケーションで心が弱りやすいので日常的に楽しいことを考えるように努力することが大切です。
就職の為の移行支援は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証があればサービスを利用できます。


ただ、就労移行支援を使った場合でも求人の多くが障害者雇用を前提としているため、障害者手帳を持っている必要があります。職業安定所では面接についての相談に乗ってくれます。コニュニケーションが苦手な場合面接でおかしなことを口走ることがあるので休職期間についてのことや、得意なことなどを話せるように訓練しました。

ADHDであることによって失敗を重ねてしまうのですが、ADHDの当人が本当に困っているのは何かというとミスの蓄積により厳しい叱責を受け精神的に参ってしまうことです。無理をして自分に合っていない仕事を続けていると精神的に参ってしまい心が壊れてします可能性もあります。
退職せざるを得ない状況に陥る前に自分の特性にあった仕事を検討し始めると窮地に追い込まれなくてすむかもしれません。自分にしかできない凄い能力があっても疎まれることがおおく、得意な能力を発揮する機会が与えられないというのがADHDのツライところだと思います。
やりたくないなどと考えないで興味のある訓練を精力的に試してみてください。

職業訓練や企業実践など、就職活動に役立つ講義がいっぱいあります。

積極的に学ぼうとすること自体も就労のための訓練になります。周りから見ていると簡単そうに見える仕事でもいざ体験してみるとそれまで気づかなかった苦労が分かるということは往々にしてあります。就職活動のプロセスも一般求人か障害者求人かでは変わってきます。



障害のない方と同じ条件で雇用されることを一般雇用といいます。できないことをオープンにするかは個人個人の考えによります。


自分が言わない限り、障がいが企業に伝わることは基本的にありません。
転職する時、自分の不得意なことを公開するのか隠すのかは大事な問題です。採用後のことを考えれば特性を理解して貰っていた方が自分にとってよいことなのは明らかです。
難しいのは障害があることを伝えた上で選ばれるかどうかです。障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいので解雇されにくいという特徴があります。
仕事の面では通常の契約社員と近い条件で雇用している会社がたくさんあります。
障害者トライアル雇用を選んで会社に就職し、経験を重ねるという方法があります。

正社員として就職している発達障害者の割合は低く正規雇用は2割程度で60%くらいが定食に就いていないという情報もあります。

ADHDには正確さや細やかさが求められる仕事よりミスをリカバリーできる仕事の方が向いているようです。過去の体験の中で克服できそうにない失敗や苦にならなかった仕事を洗いだしてみましょう。過去に取り返しがつかない失敗があれば同じような職種は優先度を下げた方が良いでしょう。
Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ