AHDの転職と就労支援 > はらから見ているとマルチタスクが苦手な自

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

はらから見ているとマルチタスクが苦手な自

はらから見ているとマルチタスクが苦手な自分にもできそうな仕事に思えてもいざ体験してみると想像と全く違ったということは往々にしてあります。

障害者枠は解雇要件が非常に厳しいためクビになりにくいというメリットがあります。

給与額や仕事の内容の面では、一般枠の契約社員と同じような条件で雇用している会社がたくさんあります。
とくにADHDだと対人関係で気持ちが沈みがちなので普段から気にしすぎないように注意することが大切です。ADHDの人を特に困らせる特性は「ミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、チェックミスや確認不足がある程度許される社風や業務内容を考える必要があります。ADHDには数値やミスの許されない業務より、発想力や行動面を重視した職業の方が長く続けられると言われています。過去の経験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や苦にならなかった仕事を挙げてみましょう。
何度も大きな失敗をした仕事があれば近い仕事内容の職種はやめておいた方がよいかも知れません。
採用試験を受ける時、自分の障害を開示するのか説明しないのかは誰もが悩む問題だと思います。
働き始めた時のことを想定すれば障害があることを知って貰っていたほうがストレスを抱えずに働くことができるでしょう。悩ましいのは特性を説明した上で選ばれるかどうかです。「資格があるから充分」と考えず、したことがない訓練をなるべく沢山試してみてください。
面接の練習やグループワークなど、活用できるカリキュラムは沢山あります。

様々な人とコミュニケーションを取ることも就職活動の為のよい練習になります。
就労移行支援をしている事業所は障害者手帳がなくとも障害福祉サービス受給者証があれば使用できます。しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも求人の多くが障害者雇用を前提としているため、障害者手帳が必要になります。

転職活動の取り組み方も一般雇用かトライアル雇用かでは変わってきます。


非障害者の人と同様の条件で働くことを一般雇用といいます。特性を会社に伝えるかどうかは各々の判断によるでしょう。本人が周りに公言しなければ障がいが会社に認知されることはそんなにないでしょう。



トライアル雇用の制度を選択してどうにか就職し、経験を重ねるという方法があります。
正規雇用で働いているADHDを抱える人の割合は低く正社員は20%くらいで、60%程はそうではないという情報もあります。自分のADHDの特性とマッチしない仕事を続けていると心が疲れてしまいうつ病などの精神疾患を抱えてしまうこともあります。

新たな問題を抱え込む前に転職サイトやハローワークで情報を集めておくと自分を守る結果に繋がるでしょう。自分にしかできない凄い能力があってもツメが甘いため評価に結びつかず、得意な能力を発揮する機会がさせて貰えないというところが発達障害のツライところだと思います。
就労支援では面接の為のサポートをしてくれます。



ADHDの人は面談でボロが出てしまうので、休職期間についてのことや、前職を辞めた理由などを事前に練習しました。
ADHDであることによって確認漏れやケアレスミスを繰り返してしまうのですが、実際のところ何が一番困るかというと失敗が多すぎて上司や同僚から信頼されなくなり退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまうことです。

会社に障害を隠しているということは他の従業員と同じ額の給料を貰うということなので、
Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ