AHDの転職と就労支援 > ハローワークでは面接についての相談に乗って

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

ハローワークでは面接についての相談に乗って

ハローワークでは面接についての相談に乗ってくれます。
ADHDを抱えていると言わなくてよいことを言ってしまうので、工夫している点や、得意なことなどを分かりやすく説明できるよう準備しました。
ADHDであるという事実を隠して勤務するということはお金を貰うということなので、自分だけ「この仕事は苦手なのでできません」とは説明しにくいものです。

障害者トライアル雇用を選んで会社に就職し、働き始めるという方法があります。
正社員として採用されている発達障害を抱える人の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、60%くらいが定食に就いていないという記事もあります。

普通の人よりできる分野があっても、できないことが評価を下げてしまい、やりたい仕事ををせせてもらえる機会が回ってこないというのがADHDのツライところだと思います。

誰かがやっているのを見ていると大したこと無さそうな仕事でも自分でやってみると全く手に負えなかったということは結構起こります。障害者雇用の枠を利用した採用の場合、クビにしにくいためクビになりにくいというメリットがあります。仕事の面では通常の契約社員と近い条件で雇用している会社がたくさんあります。ADHDの当事者を特に困らせる特性は「ミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、チェックミスや確認不足が許容される文化や業務内容を考える必要があります。


就労移行支援をしている事業所は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証を持っていれば利用することができます。しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも求人の多くが障害者雇用を前提としているため、障害者手帳を取得している必要があります。ADHDを持っている人は細かいチェックが必要な仕事より思いつきやチャレンジ精神が評価される仕事の方が向いていると言われています。
自分の経験の中で特に印象的な失敗や安心して仕事ができた作業を挙げてみましょう。



会社に大きな迷惑を掛けてしまったような作業があれば同様の仕事は選ばないほうが無難でしょう。ADHDを抱える人の多くは会社やコミュニティで気持ちが沈みがちなので日常的に悩みすぎないように努力することが大切です。

ADHDの症状によってミスを繰り返してしまうのですが、実際のところ何が一番困るかというとミスの蓄積により厳しい叱責を受け精神的に参ってしまうことです。


今のままでいいと考えず、いろいろな訓練を自発的に受けてみてください。

面接の練習やグループワークなど、利用できる内容が豊富です。様々な人とコミュニケーションを取ることも就職活動の為のよい練習になります。無理をして自分に合っていない仕事を続けていると精神的に参ってしまいうつ病などの精神疾患を抱えてしまうこともあります。

退職せざるを得ない状況に陥る前に転職サイトやハローワークで情報を集めておくと窮地に追い込まれなくてすむかもしれません。転職する時、自分の苦手なことを公開するのか隠すのかは大きな選択となります。
働き始めた時のことを想定すればできないことを理解してもらっておいたほうが働きやすいことは明白です。問題はできないことを伝えて採用試験を乗り越えられるかどうかです。



採用試験への取り組み方も一般求人か障害者求人かでは変わってきます。

普通の方と同等の条件で雇用されることを一般雇用といいます。
自分の障害を企業に告知するかどうかは、本人次第です。自分が公開しなければ障がいが認知されるこは基本的にありません。


Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ