AHDの転職と就労支援 > ADHDの人を最も悩ませる特性は「

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

ADHDの人を最も悩ませる特性は「

ADHDの人を最も悩ませる特性は「ミスの多さ」「誤字・脱字の多さ」であるため、失敗や確認漏れがリカバリーできる仕事の内容を選ぶ必要があります。


就労支援をおこなっている事業所は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証を持っていれば使用できます。しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者雇用として企業に採用されるためには障害者手帳が必要になります。トライアル雇用の制度を選択して会社に就職し、働くという選択肢があります。

正社員として働いているADHDの人の割合は低く正社員の割合は2割ほどで、60%程はそうではないというデータもあります。採用試験へのプロセスも一般雇用・障害者雇用では変わってきます。
一般の方と同じ条件の元で働くことを一般雇用といいます。


自分の特性を会社に説明するかどうかは本人次第です。

本人が公開しなければ障がいが企業に伝わることはあまりおきないでしょう。ADHDには正確さや細やかさが求められる仕事より失敗しても取り返しがきく仕事の方が向いていると言われています。
過去の体験の中で二度としたくないと思うことや他の人より上手にできた仕事を洗いだしてみましょう。何度も大きな失敗をした仕事があれば同様の仕事はやめておいた方がよいかも知れません。ADHDを抱える人の多くはコミュニケーションで心が弱りやすいので日常的に思い悩まないように工夫することが大切です。
自分のADHDの特性とマッチしない仕事を続けていると精神的に参ってしまいうつ病などの精神疾患を抱えてしまうこともあります。自分でどうしようもなくなる前に就職・転職活動を始めると良いかもしれません。


ADHDの症状によってミスを繰り返してしまうのですが、実際のところ何が一番困るかというと失敗が多すぎて上司や同僚から信頼されなくなり会社に居づらくなってしまうことです。就労支援では面談の訓練をしてくれます。

ADHDだとどうしても面接で不用意な発言をしてしまうので、工夫している点や、得意なことなどを上手に説明できるように練習しました。

今のままでいいと考えず、様々な訓練を自発的に受けてください。職業訓練やグループディスカッションなど、就職に活かせる内容が盛り沢山です。

家から出る習慣を付けることも自分のために役立ちます。



転職活動をする時、自分の障害を説明するのかクローズにするのかは悩むポイントです。働き始めた時のことを想定すれば障害があることを知って貰っていたほうが長く働くことができるでしょう。悩ましいのは苦手なことを伝えた上で採用してもらえるかどうかということです。

はらから見ていると自分にもできそうな仕事に見えても実際にやってみると思ってもいなかった大変さに気付くということは往々にしてあります。



普通の人よりできる分野があっても、ツメが甘いため評価に結びつかず、やりたい仕事ををせせてもらえる機会が回ってこないというのがまじめ系クズであるADHDのツライところです。

障害者枠は解雇要件が非常に厳しいため簡単に解雇できないという特徴があります。

給料などの面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同じような条件で採用される場合は多いようです。
自分だけ「あれはできない」「これはできない」とは言えません。

Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ