AHDの転職と就労支援 > 「資格があるから充分」と考えず、未経験の訓練を

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

「資格があるから充分」と考えず、未経験の訓練を

「資格があるから充分」と考えず、未経験の訓練を精力的に受けてみてください。

悩みの相談やグループディスカッションなど、就職活動に役立つ講義がいっぱいあります。様々な人とコミュニケーションを取ることも就労のための訓練になります。障害者枠での採用は解雇するためのハードルが高いため簡単に解雇できないという特徴があります。仕事の面では一般枠の契約社員の方などと同等の条件で雇用される方が多いです。
就職活動の取り組み方も一般求人か障害者求人かでは変わってきます。
障害のない方と同じ条件で雇用されることを一般雇用といいます。自分の障害を企業に告知するかどうかは、本人次第です。

自分が言わない限り、障がいが会社に認知されることはそうそう起きないでしょう。


ADHDの人を特に困らせる症状は「チェックの甘さ」「抜け漏れの多さ」であるため、チェックミスや確認不足がある程度許される社風や職業を選ぶ方が働きやすいでしょう。大きなストレスを抱えながら仕事を続けていると心が病んでしまいうつ病などの精神疾患を抱えてしまうこともあります。

新たな問題を抱え込む前に転職先を検討し始めるとニッチモサッチモいかないという状況を回避できるでしょう。
就職の為の移行支援は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証があればサービスを受けることができます。



しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも求人の多くが障害者雇用を前提としているため、障害者手帳を取得している必要があります。自分にしかできない凄い能力があってもツメが甘いため評価に結びつかず、得意な能力を発揮する機会が与えられないというのがADHDの悲しい運命です。
トライアル雇用の制度を選択して企業にトライアルとして就労し、実務経験を積むという方法があります。

正社員として働いているADHD当事者の割合は低く正規雇用は2割程度で非正規の割合がかなり高いという調査もあります。採用試験を受ける時、自分の障害を公開するのか説明しないのかは悩むポイントです。


採用後のことを考えれば障害を知ってもらい、フォローして貰うほうがストレスを抱えずに働くことができるでしょう。
難しいのは障害があることを伝えた上で選ばれるかどうかです。とくにADHDだとコミュニケーションで心が弱りやすいので日頃から悩みすぎないように注意することが大切です。
ADHDの特性を持っている人は正確さや細やかさが求められる仕事より失敗しても取り返しがきく仕事の方が長く続けられると言われています。



今までの経験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や他の人より上手にできた仕事を紙に書き出してみましょう。会社に大きな迷惑を掛けてしまったような作業があればそのような職種は優先度を下げた方が良いでしょう。就労支援では面接の為のサポートをしてくれます。コニュニケーションが苦手な場合面接で失敗してしまうので、今までの経歴や、前職を辞めた理由などを伝えられるように準備しました。


他の従業員と同じ額の自分だけ「この仕事は苦手なのでできません」とは言い出せません。ADHDの症状によって確認漏れやケアレスミスを繰り返してしまうのですが、ADHDの当人が本当に困っているのは何かというとミスを重ねることで評価が下がりきつい言葉を浴びせられ疲れ果ててしまうことです。なんとなく見ていると自分にもできそうな仕事に見えても身体を動かしてみると全く手に負えなかったということは結構起こります。

Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ