AHDの転職と就労支援 > 得意なことがあってもできないことが評価を下げてし

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

得意なことがあってもできないことが評価を下げてし

得意なことがあってもできないことが評価を下げてしまい、やりたい仕事ををせせてもらえる機会が回ってこないというのがADHDのツライところだと思います。
就職活動のプロセスも一般求人か障害者求人かでは異なってきます。普通の方と同等の条件で雇用されることを一般雇用といいます。特性を会社に伝えるかどうかは本人次第です。
自分が言わない限り、障がいが会社に認知されることはそんなにないでしょう。なんとなく見ていると大したこと無さそうな仕事でも実際にやってみるとそれまで気づかなかった苦労が分かるということはよくある話です。



無理をして自分に合っていない仕事を続けていると心が病んでしまいうつ病などの精神疾患を抱えてしまうこともあります。


自分でどうしようもなくなる前に転職サイトやハローワークで情報を集めておくと自分を守る結果に繋がるでしょう。


ADHDであることによって注意不足による失敗をしやすくなるのですが、実は何が大変かというとミスの蓄積によりパワハラを受け精神的に参ってしまうことです。障害者トライアル雇用の求人を選んで会社に就職し、正社員を目指すという方法があります。



正社員として働いているADHDの人の割合は低く正社員の人は2割くらいで、60%くらいが定食に就いていないという情報もあります。就職を考える時、自分の不得意なことを説明するのかクローズにするのかは大きな選択となります。採用後のことを考えれば障害があることを知って貰っていたほうが長く働くことができるでしょう。難しいのは障害があることを伝えた上で面接を突破できるかです。ADHDを抱える人の多くは会社やコミュニティで思い悩みやすいので、普段から思い悩まないように心がけることが大切です。


就労移行支援は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証があれば使用できます。

しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも求人の多くが障害者雇用を前提としているため、障害者手帳を持っている必要があります。ADHDの人を最も悩ませる特性は「チェックの甘さ」「確認ミスの多さ」であるため、ミスや不注意が大きな問題とならない業務をすることが社会生活を成り立たせるための近道です。


周りの他の社員と同じ額の給与を貰うということなので、自分だけ仕事を選びたいとはADHDには失敗が大きな問題になりうる業務よりアイディアや行動力を重視した職業の方が長く続けられると言われています。
過去の経験の中で克服できそうにない失敗や楽しみながらできた仕事を整理してみましょう。


何度も大きな失敗をした仕事があればそのような職種は優先度を下げた方が良いでしょう。今のままでいいと考えず、したことがない訓練を自発的に試してみてください。

対応療法やグループディスカッションなど、就職に活かせる内容が盛り沢山です。積極的に学ぼうとすること自体も就職後の自分のためになります。障害者枠は解雇要件が非常に厳しいためクビになりにくいというメリットがあります。



待遇面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同じような条件で働くことができます。

就労支援では面接についての相談に乗ってくれます。発達障害の人は面接でおかしなことを口走ることがあるので工夫している点や、得意なことなどを上手に説明できるように練習しました。
Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ