AHDの転職と就労支援 > 就労支援を行っている事業所では企業面接の訓練もし

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

就労支援を行っている事業所では企業面接の訓練もし

就労支援を行っている事業所では企業面接の訓練もしてくれます。ADHDを抱えていると不用意な発言をしてしまうので、希望の職種や、やりたいことなどを分かりやすく説明できるよう準備しました。

ADHDの当事者はコミュニケーションで気持ちが沈みがちなので日常的に楽しいことを考えるように意識することが大切です。
障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいので解雇しにくいというメリットがあります。仕事の面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同じような条件で働くことができるケースが多いようです。
トライアル雇用の制度を選択して会社にトライアル雇用として就職し、経験を重ねるという方法があります。

正規雇用で働いている発達障害を抱える人の割合は低く正社員は20%くらいで、6割ほどは無職だという調査もあります。就労移行支援事業所は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証を持っていれば利用することができます。
ただ、就労移行支援を使った場合でも障害者枠で採用されるためには障害者手帳を持っていなくてはなりません。


ADHDであるという事実を隠して勤務するということは周りの他の社員と同じ額の給料が支払われるということなので、自分だけ簡単な仕事をさせて欲しいとは説明しにくいものです。就職活動のプロセスも一般求人か障害者求人かでは変わってきます。
一般の方と同じ条件の元で働くことを一般雇用といいます。特性を会社に伝えるかどうかは個人個人の考えによります。

本人が公開しなければ障がいが企業に伝わることはそうそう起きないでしょう。転職する時、自分のできない部分を開示するのか上手く誤魔化すのかは悩むポイントです。
採用されたあとのことを考えれば不得意なことを説明しておいたほうが自分にとってよいことなのは明らかです。問題はできないことを伝えて選ばれるかどうかです。



ADHDの症状によって確認漏れやケアレスミスを繰り返してしまうのですが、実は何が大変かというと失敗が多すぎて周囲からの信頼を失い疲れ果ててしまうことです。普通の人よりできる分野があっても、能力が低い部分が足を引っ張ってしまい、いつまでたっても出来ないやつ扱いで、活躍のチャンスが与えられないというのが発達障害のツライところだと思います。ADHDの特性を持っている人は細かな事務的な作業より失敗しても取り返しがきく仕事の方が合っていると言われています。


今までの経験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や安心して仕事ができた作業を整理してみましょう。過去に取り返しがつかない失敗があれば近い仕事内容の職種は選択しないことをおすすめします。今のままでいいと考えず、いろいろな訓練を精力的に受けてください。対応療法やグループワークなど、活用できるカリキュラムは沢山あります。

家を出る習慣を身体に覚えさせることも就職後の自分のためになります。


大きなストレスを抱えながら仕事を続けていると精神的に限界がきて鬱などの別の病を発症してしまうこともあります。自分でどうしようもなくなる前に自分の特性にあった仕事を検討し始めると窮地に追い込まれなくてすむかもしれません。

ADHDの当事者を一番悩ませる症状は「ケアレスミスの多さ」「抜け漏れの多さ」であるため、チェックミスや確認不足がある程度許される社風や業務内容を考える必要があります。
周りから見ていると大したこと無さそうな仕事でも自分でやってみると全く手に負えなかったということは当たり前のようにあります。
Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ